キューティブロンド

ブログのタイトルにもなっている、キューティブロンド。この作品に、中学生の時に出会い、私のお気に入りの作品になりました。

アメリカに1年間滞在し、アメリカの文化に憧れ、更に女の子らしいピンクが好きだった私。当時お小遣いを貯めて、HMV(懐かしい)で、3枚で3000円のDVDセットを買うのが、私の楽しみでした。そこで見つけたのがこの作品。アメリカの大学生活を描いていて、それだけでも憧れの世界。また更に、大学のクラブの中でトップの女の子エルが、自分で人生を変えていくお話。憧れのまた憧れでした。

ピンクが好きで、少し周りから浮いてるよーな中学生だった私。高校受験の準備は進めるものの、特別に行きたい高校もなかった。両親は、スパルタ的な意味ではなく、学力の大切さを、伝えていてくれたので、頭の良い子になりたかった。そんなプライドは高いのに、勉強嫌いで成績も良くない冴えない中学生活に、道しるべをくれたのがこの作品です。

主人公のエルは、彼氏に振られたのがきっかけで、ハーバードのロースクールを目指す、大学の社交界の華の女の子。ブロンドの偏見も、明るくはね飛ばす、ポジティブな性格。ディズニーのプリンセス的な、周りのために尽くして、いつの間にかサポーターを増やしてしまう性格に憧れていました。そしてハーバードで、課題や授業で切磋琢磨する様子は、私も勉強頑張ろうという気持ちにさせてくれました。

多感な思春期に、大きな影響を与えてくれたキューティブロンド。主人公エルに憧れ続けている思いを込めて、ブログのタイトルを決めました。

ソフトバンクのアメリカ放題は優れもの

ニューヨークに来る際に、一番不安だったのが携帯電話事情です。どうやらソーシャルセキュリティナンバーを取得するまで、プリペイドでも?携帯電話を購入できないと、NYオフィス前任者より聞いていました。

スマホなしの生活は考えられない〜

手元に携帯電話がないとアパート探しで不安だし、緊急事態にどうやって連絡すればよいんだろう…と途方に暮れていました。パソコンを持ち歩いて、Wi-fiがつながるカフェに毎回入るのかなーなんて思ったり。

ソフトバンクのアメリカ放題…!?

しかーし、ソフトバンクが提供しているアメリカ放題というサービスが優れものでした!Sprint社の回線を使用して、日本での料金と変わらず、通話もネットもできちゃうのです。回し者ではなく、本当に便利なので紹介します。

渡米前に行う設定方法をわかりやすく説明! 

飛行機から降りて、Sprintの回線につながった時は、「自分の設定が間違っていて、実は何十万円も請求されたらどうしよう…」と不安でいっぱいでしたが、問題ありませんでした。

今はある一定の条件を満たすと、アメリカ放題に加入しなくても、そのまま使えるキャンペーン中です。念のため東京でソフトバンクショップに寄って、私のスマホがそのまま使用できるか確認しました。

下記が飛行機に乗る直前に行う設定方法です。ご自身の責任のもとご設定をお願い致します。

1. 設定>モバイルデータ通信を選択
2. モバイルデータ通信のオプションを選択>データローミングをオフにする(緑が見えなくなっていればOK)
3. 前のモバイルデータ通信の画面に戻り、4Gをオンにするを選択>データ通信のみを選択
4. 設定に戻り、キャリアを選択>自動がオンになっていることを確認 >>以上です! 

NY市内でサクサク回線

正直4GやLTEの仕組みがわからないのですが、Sprintの回線は電波良いです。現在アメリカではVerizonが顧客数が多く、回線スピードが速いと言われていますが、Sprintは日常生活で使う分にまったく問題ないスピードです。

スマホさえ使えれば、ガイドブック片手に街を歩く必要も無いので、身軽になります!ぜひアメリカ渡航の際はご活用ください。

アメリカで銀行口座を開ける前に、日本でSMBC信託銀行(プレスティア)の口座を持っておく

渡米前にドルを持っておくと非常に便利です。私はSMBC信託銀行|PRESTIAで口座を開けました。

Citibankの日本個人顧客部門をSMTBが買収したとニュースになっていたので、気になっていました。それでも日本にいながら、円高の時期に、円からドルに替えることができたので、とても便利でした。

プレスティアのメリット

  • 為替手数料が1円。空港などの両替所より手数料はかーなーりー良いです。
  • アメリカ内のATMでドルを引き出せる。しかもキャッシングじゃない。

デメリット

  • 口座維持手数料が毎月2000円ほどかかります。
  • サービスが外資系っぽい。笑 24時間コールセンターにつながるのは便利ですが、私はここの電話対応が苦手です。

ネットでも支店でも口座開設はできますが、支店で直接説明を聞いた方が、確かだと思います。通常の銀行口座とは少し勝手が違うので、疑問をぶつけておいたほうが良いです。自由が丘営業所の方にお世話になりましたが、大変親切でした。 

口座の種類

まず通常口座を開設するとなると下記2つの口座を開くことになります。

  • 普通円貨口座
  • プレスティアマルチマネー口座

そして、追加で、普通ドル口座を開けておきましょう。この口座が開設されると、アメリカ国内ATMでドルを引き出せるキャッシュカードが手に入ります。

両替の流れ

  1. 普通円貨口座に、円を入金
  2. 普通円貨口座からプレスティアマルチマネー口座に、円を振替
  3. プレスティアマルチマネー口座内で、円からドルに両替
  4. プレスティアマルチマネー口座から普通ドル口座に、ドルを振替

私の認識では、プレスティアマルチマネー口座内のみで両替が可能です。為替レートは1時間おきに更新されたり、3時間経ってから更新されたりと、ランダムのように感じます。出国の2ヶ月前くらいから為替のニュースをチェックして、円高のときに両替しておくと便利だと思います!

また、海外在住者の場合、追加でW-8などアメリカの税関係の書類を提出する必要があるようです。支店で確認するのをおすすめします。

他にも、ワンタイムパスワードカードを渡航前に手に入れておきましょう。これがないと、他行へ送金する際に、毎回書面で振込先の情報を記入し、郵送することになります。ちなみに、送金の手数料は何千円かかかり、かなり高額ですのでご注意を。

チケット代金はあなたにお任せ、メトロポリタン美術館

私は小学生の頃、休み時間は外で遊ぶよりも、図書室でお絵描きしているのが好きな子でした。もちろんドッジボール等には参加していましたが、運動神経がないので活躍できず。笑 いやー今でもスポーツ万能な方がうらやましいですねー。

昔の好き嫌いって、ずっと頭の中に残っているようで、ときどき美術館に行きたくなります。そこで行ってきました、メトロポリタン美術館へ!

入場料は自由設定

実は入場料は、寄付制(Donation)です。日本では聞き慣れないのですが、入場者が支払いたい金額をチケット購入時にカウンターで伝えればOKです。

オフィシャルサイトには大人$25.00と書いてあるので、すこし気まずいのですが、私は$10.00で入場させて頂きました。チケットカウンターの方は何も気にせずそのまま手続きをしてくれました。

日本語でも大丈夫

入り口カウンターや館内スタッフには日本人の方がいらっしゃいます。今までに訪問した際も、必ずお見かけしたので常駐されていると思います。

また、ボランティアの方が行ってくださる無料1時間ツアーにも、日本語ツアーがあります!10:15〜16:00の間に行われておりますので、詳しい時間は現地でご確認ください。

一度参加しましたが、最高でした!有名どころから、日本人アーティストに特化した作品を案内してもらえましたよ。あと個人的には、海外旅行中に、日本人にお会いできるとホッとできると思うので、お勧めです。笑

 

さて、今回は、好きなセクションをのんびり回りました。昔、高校生の頃に来た時は館内で迷っていましたが、今回は地図を見ながら効率よく回れました。すこしは賢くなったのかな…。

(なお、下記の私の感想文は、館内で説明を読んでいないので、憶測です。)

1F American Wing

Period Roomsと呼ばれるセクションでは、とても華やかなヨーロピアン調のお部屋が見られます。宝塚好きの私は、ベルサイユ宮殿など華やかなシャンデリア♡天蓋付きベッド♡豪華すぎる壁紙♡埋もれそうなほど厚い絨毯♡が大好きなので、ここは天国です。

2F European Painting

ここでは教科書で見たことのあるルノアール、ゴッホなどなど何でもあります。私は、新印象派のジョージ・スラーやポール・シニャックが好きです。優しい色使いで、自然の光が差し込んだ風景を描いていて、見ていると心が穏やかになります。 

この他の展示も見て3時間ほど過ごしました。今度はMOMAに行きたいですね。

東京で買っておいたもの

ニューヨークは日本食スーパーがあるので、日本製の日用品は手に入ります。ただお察しの通り、全て割高です。色々な手間を考えると、こちらで購入するのも安く感じますが、なるべく新生活の初期費用は抑えたかったので、これは!という物は買い込んで来ました。

東京での買い物リスト

  • お箸類(普段使い・菜箸・割り箸)
  • 洗濯ネット(小さめのサイズはアメリカにあまりありません)
  • 基礎化粧品
  • 常備薬(天気の悪い日に頭痛になるので、バファリンプレミアムが必須なのです…)
  • お出汁(留学経験あるお友達が高級のお出汁もプレゼントしてくれて嬉しかったです)

思っていたよりも、少ないですね。色々な方から、これは持っていった方が良いよ!と言われてきましたが、結局日本でもあまり使用していなかった物は購入しませんでした。

他にアドバイスもらったのはこちら

  • 炊飯器(ルクルーゼで炊けるので良いかなと)
  • 湿布
  • 和食器(お茶碗、お椀など)
  • 二日酔いのお薬
  • レインブーツ(持っていたので新たに購入しませんでしたが、ニューヨークでは必須です)
  • ユニクロの高機能インナー(夏と冬の寒暖差がすごいので便利です)
  • タイツ・ストッキング(日本のものにこだわりがあれば)
  • お米をジップロックに入れる
  • 電子辞書(スマホで代用できます)

日本スーパーが無い地域へお引っ越しされる方は、もっとリストが長くなるかもしれません。

 

(追記)

…ちみにWholefoodsが最強だった説

NYCは色々な国籍の料理を食べる人が多いということもあるせいか、基本的な日本の調味料などはホールフーズで手に入りました!家の近くに日系スーパーが無い私にとって便利でした。

  • 鰹節
  • 海苔
  • わさび
  • みりん
  • 米酢
  • お箸、菜箸(割としっかりしたもの)

アメリカ大使館面接 (L1ビザ)

アメリカ大使館で行われた、就労ビザ面接の備忘録です。2016年時点の体験談です。

準備

まず、アメリカ大使館公式Youtubeで、面接プロセスを見ることをお勧めします。豆のキャラクター、豆夢(とむ)君が、明るいタッチで紹介してくれて、飽きずに最後まで見ることができましたー。

 

 

私のビザの種類は、L1 Blanketでしたので、個人の申請よりも簡潔だったのではないかと思います。
L1: 管理職もしくは専門職として関連会社間の移動。
Blanket: ある条件を満たし年間10人以上のL1申請が認められている米国法人が嘆願できるビザ。

 

必要な書類は、アメリカの移民法弁護士事務所(Fragomen)が、作成してくれました。しかし、唯一本人が記入するDS-160というフォームがあります。基本的な個人情報を、入力するだけですが、1時間半ほどかかりました。。。一定時間経つと、ログアウトされてしまうため、保存を忘れないようにするのに神経を使うので、けっこう疲れます。まとまった時間が取れる週末に取り組むのが、オススメです。

 

さて、いよいよ面接のお話です。私の予約は9:00@アメリカ大使館(赤坂)でした。ネットで予約申請しました。下記時系列にまとめております。

8:30 溜池山王駅到着

大きな荷物は、大使館に持ち込み禁止です。溜池山王駅の出口13が一番近く、長い地下通路の途中にコインロッカーがあるので、預けましょう。20個くらいあるので、朝早めの予約だと荷物を入れることができると思います。

8:45 大使館のセキュリティ

アメリカ大使館に向かう坂道に、警備(日本人)がおり、大使館に向かう理由を聞かれます。ビザ面接ですと答えて、そのままセキュリティの列に並びます。屋外で並ぶのですが、初夏の天気の良い日だったので、汗だくでした。笑

電子機器は、1点のみセキュリティで預けることが可能です。タグと交換されるので、なくさないように注意。空港のセキュリティのような機械で、荷物をチェックしてもらいます。リュックサックを持って来ていた人は、駅のロッカーに入れてくるようにと返されていました。

9:00 大使館入館

面接に必要な書類を受付に渡し、自分の受付番号を受け取ります。またセキュリティゲートがあり、その後ようやく大使館内へ入館できます。1番か2番窓口へ書類を提出し、500ドルの詐欺防止費用をクレジットカードで支払いました。そして、満席の大使館内で待ち続けます。

9:45 面接

自分の受付番号が呼ばれ、電光掲示板に表示されます。呼ばれた窓口で、手の指紋をとり、面接の列に並びます。面接というよりも、ほぼ雑談のような内容でした。

聞かれたのは、①どこに行くか、②仕事の内容(ニッチな仕事のため伝わるか心配だったけど気にされなかった)、③学位は持っているか。

会社が事前に嘆願書を出していたため、このようにあっさり終わったのだと思います。(ありがたい…。)会話終了後、一週間後にパスポートと書類が送られるよ!と言われて終了しました。 

10:10 大使館を出る

セキュリティで預けた携帯電話を受け取り、退散。大使館の雰囲気はアメリカの事務所って感じで懐かしかったです。

1週間後 パスポート到着

パスポートと提出した書類が自宅(指定した住所)に届きました。写真も自分で切らずにそのまま4切れ分ついたままで提出したのですが、奇麗にビザに印刷されており安心しました。

 

どなたかのご参考になれば嬉しいです。

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当ブログのプライバシーポリシーを記載します。

個人情報の利用目的

当ブログでは、コメント欄からのお問い合わせの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報を送信して頂くことがございます。頂いた個人情報は、コメントに返信する際などに使用させて頂くことがあり、個人情報をご提供頂く際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当ブログでは、個人情報は適切に管理し、下記に該当する場合を除いて、第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合
  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人にであることを確認させていただいた上、速やかに対応致します。

クッキー(Cookie)

当ブログでは、一部のコンテンツについてCookieを利用しています。Cookieとは、サイトにアクセスした際にブラウザに保存される情報です。お名前やメールアドレス等の個人情報は含まれません。当ブログにアクセスいただいたユーザーの皆様に、効果的な広告を配信するためや、アクセス解析にCookieの情報を利用させて頂く場合が、ございます。当ブログで利用しているアクセス解析、広告サービスは下記の通りです。

  • グーグルアナリティクス 
  • グーグルアドセンス

個人情報の収集方法、使用方法は下記リンクをご参照ください。

ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用 – ポリシーと規約 – Google

第三者配信の広告サービスとCookie

当ブログでは、第三者配信の広告サービスである「グーグルアドセンス」を利用し、第三者配信事業者や、広告ネットワークの配信する広告が掲載されます。上述のCookieを利用することで、ユーザーが当サイトに訪れた情報や、過去に他のサイトに訪れた情報に基づき、適切な広告を表示します。下記リンクより、Cookieを利用したパーソナライズド広告を無効にすることが可能です。

https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated

Opt Out From Online Behavioral Advertising By Participating Companies (BETA)

プライバシーポリシーの変更について

当ブログは、個人情報に関する日本の法令を遵守し、本ポリシーの内容を適宜見直し、改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは、常に本ページにて開示されます。

免責事項

当ブログの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

運営者情報

Joy
www.joy-enjoylife.com
お問い合わせはコメント欄よりお願いいたします。